灰谷竜胆のプロフィールまとめ!名言・名シーン3選【キャラ図鑑】

東京リベンジャーズ 灰谷竜胆 東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズのキャラクター、灰谷兄弟の弟・灰谷竜胆の身長、ある日の日常などのプロフィールをわかりやすくまとめました!

また、灰谷竜胆のかっこよ過ぎる名言・名シーン3選を、ストーリーと共に紹介します!

灰谷竜胆のプロフィール

引用:東京卍リベンジャーズ 18巻 156話

公式キャラクターブック・天上天下を参考に作成しました

本誌などで情報が公開されたら随時更新していきます

誕生日1988年10月20日
年齢17歳
身長172cm
体重65kg
血液型B型
チーム天竺、六破羅単代、関東卍會、梵天
イメージカラーアメジスト
好きなものDJ、筋トレ
嫌いなもの脂質が多いメシ
特技柔術
憧れ、尊敬する人アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
苦手、怖い人兄貴
日本一流行ってるクラブのオーナー
参考:東京卍リベンジャーズ キャラクターブック 天上天下

武勇伝(または失敗談):まだ出会ったばかりの頃、鶴蝶にトレーニング付き合えって言われたから、ジムでベンチプレスをどのくらい持ち上げられるかの勝負と思って意気込んで行ったら、ヤ〇ザの事務所に乗り込んで行って、いきなり殴り出した。

一緒にいた手前、殺される覚悟で鶴蝶について必死で暴れ回った。アイツのトレーニングには二度と付き合わねぇ

お気に入りの場所:六本木

ある日の日常(起床から寝るまで):今日も10人くらい引き連れてリビングで昼から呑んだくれる。

夕方4時に兄貴が部屋から起きてきた。

寝起きの兄貴はめちゃくちゃ不機嫌なのでオレはトイレに逃げる。

しばらくしてリビングをそっと覗くと全員パンイチで正座させられてた。

よし。兄貴の好きなモンブランを買ってこよう

灰谷竜胆の名言・名シーン

個人的に名言・名シーンだと思った場面を3つ厳選し、ストーリー順に並べました!

早く来いよ 次は腕だけじゃすまさねぇけど

引用:東京卍リベンジャーズ 18巻 160話

関東事変の最中、八戒とアングリーの元に灰谷兄弟がやってきます

灰谷蘭「オマエ 弐番隊?」

灰谷竜胆「まーた余りモノかよ」

灰谷蘭「おたくの隊長元気ぃ?」

八戒「あ!?」

灰谷竜胆「兄貴が有名だとお互い大変だな」

八戒とアングリーは、灰谷兄弟と戦いますが、灰谷兄弟の強さに圧倒されてしまいます

八戒「腕 平気か?アングリー」

アングリー「たぶん折れちゃってる 気遣ってくれてありがとう」

灰谷竜胆は、両足を開脚し、地面にべったりつけ、ストレッチをしながらこう言います

灰谷竜胆「オイオイ 何びびってんだ? 早く来いよ 次は腕だけじゃすまさねぇけど

すごいポーズ!

身体めっちゃ柔らかいですよね

竜胆は、腕や脚を折ることでダメージを与えていく柔術家スタイルです

公式キャラブックの尊敬する人に「アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ」と書いてありますが、彼は柔術家のレジェンドです

ノゲイラは、「柔術マジシャン」、「千の技を持つ男」と呼ばれており、好きな街はなんと「六本木」とのことです

竜胆のお気に入りの場所も六本木なので、ノゲイラの影響をかなり受けているのかもしれませんね

ところで、「次は腕だけじゃすまさねぇけど」ってさらっと恐いこと言ってますね・・・

折るぞオラァ‼ いい音!

引用:東京卍リベンジャーズ 18巻 162話

関東事変最中、八戒とアングリーは、ボロボロになりながらも灰谷兄弟に果敢に立ち向かいます

八戒・アングリー「うおらぁあぁあ!!」

しかし、八戒は灰谷蘭に警棒で殴られ、アングリーは灰谷竜胆のタックルを受けて寝技をかけられます

灰谷竜胆「次は脚いくぜ‼」

アングリー「くっ(この人本当はやい!)」

灰谷竜胆は、両手両足を使ってアングリーの左脚を完全に押さえました

灰谷竜胆「折るぞオラァ‼

アングリー「まっ」

八戒「アングリー!!」

グキッ

アングリー「あ”あ”あ”あ”」

灰谷竜胆「いい音!

灰谷蘭「ゾクゾクすんな」

痛いぃ!

文だけ読んでも痛いです・・・

あとこのシーンは、なんというかドSみが強いですね・・・

折るぞオラァ!ですからね

六本木灰狂戦争の時もそうでしたけど、人をボコボコにしてる灰谷兄弟は二人ともイキイキしてますね

喧嘩慣れしているであろう東京卍會の肆番隊副隊長のアングリーでさえ、「この人本当はやい」って思ってますから、竜胆がいかに強いか良くわかります

なお、この後アングリーが覚醒し・・・

テメェは特に注意して見てるぜ

引用:東京卍リベンジャーズ 247話

二代目東京卍會と関東卍會の抗争にて、三ツ谷は関東卍會のメンバーを次々と倒し、猛威を振るっています

三ツ谷「どけコラぁあ!!おらぁぁ!!」

関東卍會メンバー「くっ 東卍創設メンバー三ツ谷隆!やっぱり半端ねぇ」

三ツ谷「八戒どこ行った!?」

三ツ谷はあたりを見渡します

すると、コンテナの上で抗争を見下ろしている佐野万次郎を発見します

三ツ谷「マイキー!!高みの見物ってガラかよ…オレが引きずり降ろしてやるよ」

三ツ谷は、マイキーの元へと走って行きますが、そこに灰谷兄弟が立ちはだかります

灰谷竜胆「待て待て三ツ谷ぁー」

灰谷蘭「そう簡単にボスんとこには行かせねぇよ?」

灰谷竜胆は、左手の人差し指と中指を自分の目に向け、見ているぞというジェスチャーをしながらこう言います

灰谷竜胆「テメェは特に注意して見てるぜ

三ツ谷「へー 今度は堂々と前から来たか 卑怯な手でしか勝てねぇ兄弟かと思ってた」

灰谷竜胆「カッチーン」

ジェスチャーかっこいい!

このジェスチャー、調べてみると「I’m watching you(おまえを見ているぞ)」という意味で、欧米で良く使われているそうです

竜胆の好きなものは「DJ」、夢は「日本一流行ってるクラブのオーナー」ですから、もしかしたら欧米文化の影響を受けているのかもしれません

13歳の時から灰谷兄弟に憧れていた三ツ谷君ですが、竜胆に「テメェは特に注意して見てるぜ」と言われるくらいの不良になったってすごいことですよね

今回は、竜胆の名言・名シーンをまとめてみました

灰谷蘭の記事も書きましたので、そちらも読んでいただけると嬉しいです

プロフィール一覧はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました