【25巻~26巻】東京リベンジャーズの聖地を巡ろう!【三天戦争をした場所、ドラケンが撃たれた場所など】

東京卍リベンジャーズ

瓦城千咒とタケミチが待ち合わせした駅、ドラケンが撃たれて死亡した遊園地、マイキーや東卍メンバーが初日の出を見た浜辺、三天戦争をした駐車場、寺野サウスの故郷、鶴蝶と寺野サウスが戦った場所をご紹介します!

※当記事はモデルになった場所を予想する記事なので、断定するものではありません

瓦城千咒とタケミチが待ち合わせした駅

出典:東京卍リベンジャーズ 25巻 216話

千咒「買い物行くから荷物持ちよろしくな!」

タケミチ「え?だ…誰?」

千咒「なんだよヒデぇなぁ千咒だよ!昨日約束したろ?」

タケミチ「えぇーーー!?女の子だったの!!?」

千咒「…そうだよワリぃか?うるせぇ奴だな」

出典:東京卍リベンジャーズ 24巻 214話
  • 原宿駅
  • 東京都渋谷区神宮前1丁目

作中に「原宿」って書いてありますね!

しかしこちらの原宿駅、旧原宿駅なので現在は解体されてしまっています

旧原宿駅は、96年間も利用されていたのだとか!大正時代から存在してだと!?

とはいえ、この場所がマンガで出てきた時に「あ、原宿駅前だ!」とわかった人も多いと思います

寄ったお店までは特定できていませんが、明治神宮前あたりを通って表参道の方へ向かってる描写がありました

タケミチが女の子の買い物に振り回される話というのは、平和でほっこりしましたね

ドラケンが撃たれて死亡した遊園地

出典:東京卍リベンジャーズ 25巻 222話

千咒に「デートしようぜ」と誘われたタケミチは、遊園地で六破羅単代の下っ端に襲撃されます

そこにドラケンが駆け付け、千咒とタケミチを守ります

タケミチ「見えた未来ではここでオレをかばって千咒が死ぬはずでした。その最悪の未来は防げた。ドラケン君のおかげです」

ドラケン「そうか…よかった」

千咒「オイ ジブンらも逃げねぇと!人が来たらややこしくなる」

タケミチ「ああ そうだな」

その場を後にする千咒とタケミチ。振り返ると、ドラケンは動かずに立ち尽くしています

タケミチ「ドラケン君?」

ドラケン「武道…マイキーに言っといてくれ。あんまり…世話…焼かせんな…ってよ」

タケミチ「何言ってんすか!?自分で…」

倒れるドラケン

ドラケン「オレは ここまでだ」

出典:東京卍リベンジャーズ 25巻 220話
  • 豊島園
  • 東京都練馬区向山3丁目25−1

建物のデザインが一致していますね

右側の建物がレストランで左側の建物がコインロッカーです

ここは、残念ながら2020年8月に閉園しており、立ち入ることができません

しかし、2023年に「スタジオツアー東京」というハリーポッターランド的な施設が開園する予定です

ロンドンにも同じ施設があり、乗り物は一切無いそうです

としまえんの跡地を利用するということなので、コインロッカーくらいは残ってないかなーと少し期待しています

残っていれば聖地巡りできますもんね

スタジオツアー東京に興味のある方の為に公式サイトを貼り付けておきます

スタジオツアー

出典:東京卍リベンジャーズ 25巻 219話

こちらの入場ゲートのデザインも一致していますね

作中ではトリニティランドという名前ですが、これは三天戦争の「三」を意識しているのでしょうか

としまえんと言えば、毎月のようにコスプレイベントが開催されていたので、コスプレイヤーにとっても馴染みが深い場所でした

ヒロアカとかプリキュアなんかは相性良さそうな場所ですよね

もしも、現在でも閉園せずに営業が続いていたら、遊園地内は特攻服の男達で埋め尽くされていたことでしょう

それと、グーグルアースを使ってドラケンが倒れた位置を細かく見てみたところ、どうでもいいあることに気が付きました

写真の左側を見てみると・・・

ドラえもん!!

え!?ドラケンが倒れた場所に・・・ドラえもん!?

ドラ・・・ドラケン・・・ドラケンもんってこと!? え!?

はい

マイキーや東卍メンバーが初日の出を見た浜辺

出典:東京卍リベンジャーズ 25巻 223話

2005年1月1日 初日の出暴走

マイキー、ドラケン、場地、パーちん、三ツ谷、ぺーやん、スマイリー、アングリー、千冬、八戒の10人は、バイクに乗って海に向かっています

ドラケン「着いた!!うーわっ星やっばっっ」

場地「さっむ!九十九里。千冬!八戒!コンビニでなんか温まる奴買ってこいや」

千冬・八戒「ウッス」

はしゃぐ東卍メンバー。人口岬の先端に立ち、海を見るマイキー

ドラケン「どうした?マイキー」

マイキー「日の出だ!!!」

ぺーやん「おー!!初日の出ー!!パーちん起きろ!!」

マイキー「ケンチン。掴めんぞ 天下!」

ドラケン「ああ!今年は全国制覇だ」

出典:東京卍リベンジャーズ 25巻 223話
  • 九十九里浜
  • 千葉県山武郡九十九里町不動堂450付近

作中で「九十九里」って言葉が出てきているので、ここでほぼ間違いなさそうです

ぺーやんが初日の出にテンション上がっているコマの奥にアンテナのようなものがあります

これは、「九十九里ビーチタワー」と呼ばれる観光名所です

九十九里浜といえば、満天の星空を見ることができるので、タワーから見える景色はきっと最高ですよね!

ドラケンが最後に思い出した思い出の場所・・・ここは絶対行きたいですね・・・

三天戦争をした駐車場

出典:東京卍リベンジャーズ 26巻 225話

ドラケンが撃たれ、六破羅単代を今から潰そうとする明司武臣と、戦うのは今ではないと止める千咒

そこに突如として六破羅単代が現れます

サウス「オイオイオイ 随分盛り上がってんじゃねぇかよ!?こっちから出向いてやったぜ!?ドラケンの鎮魂歌レクイエムによぉ!!!」

すると、バイクの排気音が鳴り響いた後に、関東卍會のマイキーが登場します

タケミチ「マイキー君…」

マイキーに続いて関東卍會のメンバーが次々に登場します

千咒「3チームがそろっちまった」

サウス「おもしれぇ」

明司「ドラケンの弔い合戦だ!!!」

サウス「三天戦争おっぱじめんぞ!!!」

出典:東京卍リベンジャーズ 26巻 225話
  • トイザらス・ベビーザらス としまえん店 駐車場
  • 東京都練馬区春日町1丁目1−1

建屋の外観が一致していますね

しかし、ここもとしまえん同様、現在は閉鎖しています

トイザらスとベビーザらスという超子供向けの施設の駐車場でとんでもない抗争が起きちゃっています

三天戦争なので抗争というか戦争ですね。トイザらスも自分の敷地で戦争が勃発するとは思いもしなかったでしょうね

出典:東京卍リベンジャーズ 26巻 225話

駐車場の周りの建物も一致しています

としまえんがスタジオツアーになって、このあたりはどうなってしまうのでしょうか

もし、建物や立体駐車場がそのまま使われていたら聖地巡りができる喜びで叫んじゃいますね

ヴィィィヴォ最高だぜ!!!」

寺野サウスの故郷

出典:東京卍リベンジャーズ 26巻 227話

寺野みなみはブラジル・リオの貧民街で育ち、病弱な母と二人暮らしでした

ディノと呼ばれるギャングスターに、街で生きる術を教わりました

5歳にして敵をピストルで打ち抜き、その報酬で貰ったお金で良い靴を買い、暴力の価値を知りました

そして、12歳の時にディノを殴り殺し、暴君・寺野南は12歳にして完成

14歳の時に襲撃を受け、両親を亡くした南は、日本に住む祖父母の元へ移住します

南「じゃあちょっくら日本でも俺の時代を創ってみるか!?」

出典:東京卍リベンジャーズ 26巻 227話
  • リオデジャネイロ ロシーニャ
  • Rocinha, Rio de Janeiro

リオデジャネイロ市街の貧民街を調べましたが、街並み的にロシーニャ(ホシーニャ)じゃないかと思われます

1000以上ある貧民街の中でもトップレベルで治安の悪い場所らしいです

貧民街のことをファベーラと言いますが、ファベーラがどんな場所なのか気になる人の為に、面白いブログを見つけたのでご紹介しておきます

リオデジャネイロのスラム街を10年間撮り続けた写真家・伊藤大輔さんに聞いた「命を支えたメシの話」

中でも、このエピソードが個人的に好きです

伊藤:みなさんが想像するほどはないですよ。ギャングの子を日中に撮影中、ストロボの調子を試していて友達とはぐれちゃった時に、ヤツらに襟首をつかまれて、仲間が集まっている場所に引っ張って行かれて。「コイツ写真を撮ってましたけど、どうしますか?」ってボスに引き渡されたことはありましたけど。

メシ通

しかしサウス、12歳にはちょっと見えないですね~

大人びすぎですね。テニプリもびっくりですよ

そして、サウスは日本に住む祖父母のもとへ行くことになるのですが、入った少年鑑別所が一虎と同じ東京少年鑑別所なんですよね(時間軸的におそらく一虎は少年鑑別所から少年院に移送されています)

その頃、ちょうど天竺の幹部が関東事変の件で逮捕されました。(ムーチョ、斑目獅音様、灰谷蘭、竜胆、モッチー)

その5人もサウスの居る少年鑑別所に入るのですが、間もなくしてサウスにボコボコにされます

天竺かわいそすぎますね・・・

鶴蝶と寺野サウスが戦った場所

出典:東京卍リベンジャーズ 26巻 227話

サウス「蘭、天竺最強だった男 鶴蝶を六破羅単代に入れたい」

灰谷蘭「鶴蝶はオマエの言う事はきかねぇよ。元々群れが嫌いだけどイザナだから従った」

サウス「ハハハ 心配すんな!オレぁ交渉上手だからよぉ」

そしてサウスは鶴蝶と戦います

鶴超「待てサウス!!オレの…負けだ…無双のサウス」

ボロボロになり、横たわる鶴蝶

笑みを浮かべて立ちはだかるサウス

出典:東京卍リベンジャーズ 26巻 227話
  • 国道駅
  • 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央5丁目26

独特なアーチ状の天井、階段、自動販売機の位置が一致していますね

明らかに廃墟に見えますが、現役で稼働しています

アーチ状のデザインは、レトロでオシャレですね

鶴蝶は横浜に詳しいでしょうから、サウスと喧嘩する場所を鶴蝶が選んだとするとナイスセンスです

流石「喧嘩屋」と言われるだけありますね。喧嘩に関するサービスが行き届いている

しかもなんか、やられてる姿が絵になってますもんね

サウスが笑みを浮かべながら立っている姿もかっこいいんですけど、「オレの…負けだ…」って言っている鶴蝶のやられ方が特に芸術点高いといいますか・・・アダムみを感じるというか・・・

なんというか・・・美しい・・・

国道こくどう駅の歴史を調べたところ、第二次世界大戦中の軍機による機銃の弾痕が残されているそうです

社会見学としても訪れてみたい場所ですね

横浜はそれなりに近いので近々行ってきます!

今回ご紹介した聖地は既に無くなっている場所ばかりでしたね…としまえんの跡地、ちょっと覗いてこようかな…

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

次回

【27巻】東京卍リベンジャーズの聖地を巡ろう!←執筆中

前回

【24巻】東京リベンジャーズの聖地を巡ろう!【関東卍會のココと三途とマイキーが登場した公園、六破羅単代と梵が集まった交差点】

聖地の写真集が完成!

東京卍リベンジャーズの聖地をまとめた写真集が、やっと完成しました!

彼らが「存在してる感」をテーマにした、エモーショナルな写真集です

特に、「マイキーが不良の時代を創ってやると言った河川敷」と、「場地さんと千冬の団地」は、夕日と一緒に良い感じの空気感で撮影することができたので、お気に入りです!

そんな感じの聖地写真が全32カット!

聖地の全内容は、下記の同人誌通販サイトで確認できます

この写真集で、彼らの存在感や空気感を感じていただけると嬉しいです

※もし在庫が切れていたらすみません、1週間以内に補充します

タイトルとURLをコピーしました